企業のマイナンバー管理 収集代行

  • マイナンバー収集代行を利用

    • すでにマイナンバー制度が始まり、住民票住所に通知カードが送付されていますが、マイナンバーは社会保障、税金、災害対策などの分野で情報を管理して、複数の機関が持っている個人情報を一元的に管理することができるようにするものです。
      これは国民の利便性を向上させるということ、行政の効率化、そして公平で公正な社会を実現するために開始されたものであり、企業もマイナンバーを収集して管理をしなければならないことになります。

      日本経済新聞の口コミ情報をまとめました。

      これらは個人情報にあたるため、不正な取得や情報漏洩などによって管理する側も罰せられることになるために厳格な安全管理が必要になってくるのです。



      会社での具体的な流れについては、従業員に対してマイナンバーの利用目的を明確にして知らせるということと、従業員から番号と本人確認ができるものを収集し、番号を保管するという流れになります。安全管理措置として取り扱う人や場所を決める必要もあり、技術的な安全管理措置としては番号を管理するシステムなどのアクセス権やセキュリティを強化して情報漏洩しないようにしなければなりません。企業としては収集から管理という業務が増えてしまうことになるので、収集代行に依頼するという方法もあります。
      収集代行に依頼すると、安全管理措置といった運用が確立された方法でマイナンバーを収集して管理することになります。

      収集代行によって企業としてかかってくる運用コストやそのリスクを軽減することができるのです。

      待望のマイナンバーのシステム情報を簡単に調べられます。