企業のマイナンバー管理 収集代行

  • マイナンバー収集代行サービス

    • マイナンバー制度に移行期間に入り、企業では就業者のマイナンバー登録をしなければいけなくなりました。


      しかし、大企業など人数が多い企業や、アルバイトやパートなどの変動のある就業者がメインの企業となるとマイナンバーの管理が非常に難しいのが実情です。

      マイナンバーのソリューション情報サイトを利用しましょう。

      管理保管を厳重にしなければならないものではあるけれど、源泉徴収や年末調整、確定申告や保険等、記載する場面が多く設けられており企業側での管理自体は困難ともいえるでしょう。

      そうした際に収集代行サービスを利用することで、企業の負担を減らせることが出来ます。



      収集代行サービスのメリットはいくつかありますが、個人にマイナンバーの登録を任せられることと、収集代行サービス側にナンバーの記載のある書面等の事務的なものを代理で行なってもらうことができることがあげられます。

      収集代行サービスのナンバー登録方法や保管方法は様々です。


      ナンバーを書面として郵送で預かり特別に用意された保管庫で厳重に管理をする企業や、オンライン上でデータとして収集し、特別なサーバーで厳重に管理する方法です。

      よりシンプルさを追求した@niftyニュースに関する疑問が解決できます。

      どちらもセキュリティ面では穴が無いように創意工夫されており、企業側から依頼があればナンバーの削除も容易に出来ます。
      オンラインでの対応となると24時間受付されているので、登録する側も手軽に出来るという利点もあります。


      年末調整や源泉徴収、保険などにマイナンバーの情報を記載する場面でもあらかじめ代行サービスに連絡をしておけば代理で手続きをしてもらうことが出来るので、企業側による個人ナンバーの目視による確認といった手間を省くことも出来ます。