企業のマイナンバー管理 収集代行

  • マイナンバー収集代行とは

    • マイナンバーを運用するためには企業においてもその収集や本人確認が必要となります。

      マイナンバーというのは公平で公正な社会を実現し、行政の効率化、利用者の利便性の向上などを目的に実施されているのです。



      社会保障や税金、災害時に利用されることになり、企業としても社会保険や税金の手続に必要になってくるのです。
      しかし企業がマイナンバー制度を収集、管理するためにはその運用方法をきちんと考えなければならないのです。

      こちらのマイナンバーのBPO情報サイトです。

      従業員に対してはどのような目的で利用するのか、それ以外には利用しないことを周知する必要があります。その上で収集を行うことになりますが、その際必ず本人確認をしなければなりません。

      成りすましを防ぐためにも厳格な本人確認を行う必要があるのです。
      正しい番号であるか、その番号の持ち主であるか確認することになりますが、書類を集めて確認することになりますが、企業で運用する場合リスクが伴うこともあります。


      それは個人情報にあたるため情報漏洩しないようにしなければなりません。
      収集方法としては企業が集める方法もありますが、収集代行に依頼するという形をとることもできます。
      収集代行は正しい番号であるか、その番号の持ち主であるか確認するといった運用方法を確立しているので、収集代行に依頼することで企業としてのリスクを軽減することができます。

      ビジネスジャーナルはとても評判が良いです。

      マイナンバーの収集から管理についてはアウトソーシングも視野にいれて検討するといいです。