企業のマイナンバー管理 収集代行

  • マイナンバーのアウトソーシングについて

    • マイナンバーは社会保障と税金の分野で利用されていて、行政や利用者の手続きを簡略化することと、公平で公正な社会を実現するために始まりました。

      実際運用が始まると会社では対応しなければならない事が数多くある事がわかってきたのです。

      朝日新聞デジタルの情報を掲載しませんか。

      基本的に会社では社会保険の手続きを行う必要があります。


      また源泉税といった税金を従業員から徴収しなければならないのでどうしてもマイナンバーの管理が必要になってくるのです。


      しかしマイナンバーというのは番号法で定められているもので、個人情報でもあります。

      安易に取り扱う事ができないものなのです。

      情報漏洩があってはならないために、いくつかの安全管理措置を実施しなければなりません。


      従業員に対してもまずどのような用途で利用するのか明示をしておく必要があります。
      安全管理措置には物理的安全管理措置というものがあります。

      これは取り扱いができる人や、取り扱いを行う場所を限定して情報漏洩しないようにするものです。



      また番号を管理する場合、技術的安全管理措置としてシステムのアクセス権を限定してセキュリティを強化しなければならないのです。


      他にもこのような安全対策が必要なのですが、会社内で運用をするためにはとてもリスクを伴うことになるのです。
      今注目されている方法はアウトソーシングです。

      アウトソーシングであれば専門の業者へ依頼することになるので、会社内で安全管理措置を実施しなくてもいいのです。
      今後法的な対応が必要な場合もアウトソーシング先へ任せておけば良いのです。

      マイナンバーのアウトソーシングに今、注目が集まっています。